内部統制の6つの基本的要素

以下に挙げる6つの基本的要素は、内部統制が有効に機能するための根本を成している構成要素です。会社の業務プロセスの中に、これらの要素が存在し、それらが意図したとおりに機能することによって内部統制は有効に機能します。

統制環境
組織の気風を決定し、組織内のすべてのものの統制に対する意識に影響を与えるとともに、他の基本的要素の基礎をなし、リスクの評価と対応、統制活動。情報と伝達、モニタリング及びITへの対応に影響を及ぼす基盤のこと。

リスクの評価と対応
組織の目標達成を阻害する要因をリスクとして識別、分析及び評価を行い、そのリスクへの適切な対応を選択するプロセスのこと。

統制活動
経営者の指示・命令が適切に実行する目に定められる方針や手続きのこと。

情報と伝達
必要な情報が識別、把握及び処理され、組織内外及び関係者相互に正しく伝えられることを確保すること。

モニタリング
内部統制が有効に機能していることを継続的に評価するプロセスのこと。

ITへの対応
組織目標を達成するためにあらかじめ適切な方針及び手続きを定め、それを踏まえて、業務の実施において組織の内外のITに対して適切に対応すること。